Think! Living Lab

新しい暮らし方、みんなで考えよう!

Think! Living Labは、
これからに求めたい暮らし、生活、住まいについて、
みんなで一緒に考え、取り組む活動です。

生活共創をコンセプトに関電不動産開発がお届けする
総戸数462戸の大規模マンションプロジェクト、始動。

お問い合わせ Lab会員申し込みフォームへ

お絵かきイベント
「tsugihagi—art—」を開催しました。

絵を描く道具をみんなで持ち寄って、みんなで道具を貸し借りしながら、
みんなでお絵かきを楽しむかけがえのない体験でした。

はじめに講師の有本直美さんから保護者の皆さまにイベント趣旨の説明と年齢に応じたお絵かきについて説明があり、 続いて、お子さまに紙芝居風ボードを用いて、色のおはなし・描き方のおはなし、そしてお絵かきするテーマのおはなしが。

今日のテーマは、「未来の千里山」と「家族について」。
さぁ、いよいよお絵かきがスタート。

お絵かきを始めた最初こそ少し戸惑った雰囲気に包まれていましたが、
そこは子供たちのこと、すぐに順応してクレヨンやマジックペンで夢中に描き始めました。
お母さんたちもそっとアドバイス。和気あいあいの空気に包まれて子供たちの絵が形づくられていきます。  

色の使い方やかたちがいいね、と子供たちのお声かけしていた講師の有本さんは、
「お子さん同士で道具の貸し借りもしっかりできていましたし、自分の絵に向かった時の子供たちの集中力には目を見張りました。」
「子ども同士で描いた絵を評価しあいっこしたりなどのやり取りをもう少し取り入れられたらよかった、次回への課題です。」
と話されます。

参加されたお母さんたちは、お子さんが楽しんで描いている、絵をみんなで描くことを通して、成長したなと実感されたようです。
「最初はちょっと戸惑っていたようですが、ペンを持って自分で想像した通りに描いている姿に成長を感じました。
絵のテーマが少し難しいかなと思って見ていましたが、ちゃんと描き切ってくれたことがとても嬉しかったです。」
と充実の笑顔です。  

絵を描く道具をみんなで持ち寄って、みんなで道具を貸し借りしながら、
みんなでお絵かきを楽しむ体験は、きっとお家の地域に帰っても生かされるのではないかと思いました。

最後に、子供たちの絵を大きな木が描かれたキャンパスに貼り付けて完成。子供たち一人一人の個性に彩られた大きな街が出来上がりました。
そして、その大きな木の前で記念撮影をして今日のイベントは終了です。

参加していただいたご家族の皆さま、ご協力いただいた有本さん、ありがとうございます。
またの機会にお会いできることを楽しみにしています。