Think! Living Lab

新しい暮らし方、みんなで考えよう!

Think! Living Labは、
これからに求めたい暮らし、生活、住まいについて、
みんなで一緒に考え、取り組む活動です。

生活共創をコンセプトに関電不動産開発がお届けする
総戸数462戸の大規模マンションプロジェクト、始動。

お問い合わせ Lab会員申し込みフォームへ

『わが子のほめ方と叱り方がわかる子育てセミナー』&AsMama交流会を取材しました。

簡単にご紹介しておきますと、子どもたちの個性と才能を生年月日から発見、分析する子育て支援コンテンツ。
子どもたち一人ひとりの「個性」と「才能」を発見、理解し、その子に合った言葉かけができれば子どもたちも嬉しいし、お母さんの気持ちも安定して楽しく子育てができるきっかけになります。
子育ての最中にはどうしても我が子のできていないことに目が向きがちですが、ここを褒めたら子どもたちが伸びるというポイントがわかれば、やがて子どもたち自身の自己肯定感が育まれていくそうです。

「あかもち」では、様々な組み合わせから子どもたちやお母さん、あるいはお父さんも含めた分析を行い、生まれたばかりの頃の性格と大きくなってからの性格なども含め多面的にお伝えすると共に、お集まりになったお母さん方の日々の子育ての悩みをお聞きしながら、個々の課題に沿って対応していました。

「あかもち」についてしかっり説明しながらも、談笑を交えながら楽しいひと時を過ごされていましたが、アズママのママサポさんによるカウンセリングの進め方が上手だと感心しました。

ちなみに今回は近所のパン屋さんのカレーパンを食べながらのセミナーでした。


そのアズママは、「日本中の街ごとの助け合いをデザインする」をキャッチフレーズに、どこの地域でも、そこにいる人と人、人と企業をつないで、互いに頼りあえるしゃかいをつくるための仕組みやツールを提供されています。

シエリアシティ千里山では、入居前から認定サポーター(通称ママサポ)による千里山地域での「子育てシェアサービス」の告知や、託児付セミナー等のイベントを開催します。
マンション入居後は、子育て世帯同士のコミュニティ形成支援や集合住宅内外でのママサポ育成を行い、千里山地域で「子育てシェアサービス」の利用者を増やすことで、街全体の子育て環境の向上を目指すことになっています。